みつかることになる

31歳で仕事辞めた話や、本の話など雑記ブログです

退職・転職 | | | 読書 | | | 旅行 | | | 趣味 | | | 料理 | | | ブログ運営

目を瞑ると見えてくる青の粒子と、軽井沢ニューアートミュージアム

◆目を瞑ると見えてくる青と赤の点々

こんにちは、みつかるこです。

いきなりですが、目を瞑ると見えてくるなにかがありませんか?

私は子どものころから青と少しの赤の光の点々

粒子みたいなものが見えていました。

なかなか人に通じないので描いてみました。

 

f:id:mitsukaruko:20180916132153j:plain

 

いつも見えるわけじゃなくて、ぎゅっと目を瞑ったときとか。

なんなんですか、これ。

ネットでも検索してみたりはしていますが、なかなか当てはまるものが見つからない。

光視症ってやつとは違うのかな?

みんなに見えていると思っていたけれど違うようです。

 

共感してもらえるか分かりませんが、今日はこの青についての話です。

※ スピリチュアルな話ではありません。

 

 

◆軽井沢ニューアートミュージアムで見た猪熊ブルー

少し前になりますが軽井沢駅から徒歩10分くらいのところにある

軽井沢ニューアートミュージアムに行ってきました。

 

knam.jp

 

残念なことに実物を見るのに夢中で写真は一枚も撮ってきませんでした。

みなさんリンクから見に行ってください。

外観もおしゃれで大変すてきでした。

 

この夏リニューアルしたそうで、ブックカフェが新しくできたのかな?

(私は初めて行ったのでどこが変わったのか分かりません)

1階は無料スペースで、本棚やカフェ、ミュージアムショップがありました。

 

 

 2階は有料スペースになっていて、大人は1200円で入れます。

学生さんはもう少し安く入れます。

草間彌生さんの作品があるそうで、それを見ようかなと思いながら2階へ。

 

そこで

 猪熊克芳さんという方の作品を見たんです。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~inokumablue/

 

私は初めて見たんですがウルトラマリンブルーを使った

パステル画、アクリル画を描いている方だそうです。

そのウルトラマリンブルーが独特で、猪熊ブルーと言われているそうです。

猪熊ブルー、見てみてください。

潜った中に見る覚めるような震えるような守りたくなるようなブルーです。

 

検索してください。
というか、軽井沢に行ってください。
私も家に帰ってネットでも見ましたが、実物の感動は比べ物にならないです。
作品の大きさとか質感とかとにかく実物を見てほしい。
 

 

ミュージアム自体はそんなに大きくもなくて

1時間あれば作品も見れると思います。

おしゃれではあるけれど、落ち着く居心地のよい空間です。

 

かなりおすすめなので軽井沢にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

 

 

◆話は戻りまして、青の粒子と猪熊ブルー

で、ここで見たその色が、

私が暗闇の中で見てきた青の光にどこか近かった気がしたんです。

私の見ている青の光は、こんなに深く美しくはないんですけど

あの青の光にすこしにてる、と見た時にふと思ったんです。

 

その光は自分の中にしかなかったし

でもずっと見えてきたもので

だからとても、この謎の青の光を愛せると思ったという話。