みつかることになる

31歳で仕事辞めた話や、本の話など雑記ブログです

退職・転職 | | | 読書 | | | 旅行 | | | 趣味 | | | 料理 | | | ブログ運営

カタール航空ドーハ乗り継ぎでブリュッセルへ【ベルギー1人旅】

多分この旅行についてはニッチな内容が続くと思います。

私がベルギー旅行について調べても

メジャーなフランスやイタリアと比べると情報が少なかったです。

 

でも、すごく良いところだった!!!!!!!!

だからこそおすすめしたい気持ちが強い。

 

私のように英語に自信のない人が、一人旅に行く手助けになればと思い

知りたかった情報をなるべく盛り込んでいきたいと思います。

 

 

ガイドブックは1冊購入しました。 

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク (タビトモ)

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク (タビトモ)

 

 

過去記事はこちら。

www.mitsukaruko.net

www.mitsukaruko.net

 

 

カタール航空エコノミークラスは評判良し、きみにきめた!

さぁ旅行に行くぞと決めてからトラベルコちゃんを眺める日々。

ブリュッセル行はANAの直行便がありますが直行便は割高。

それに、トランジットをやってみたかったんですよね。

 

カタール航空エミレーツ航空、ターキッシュエアラインズ…

どれでいくか迷いました。

フライトが長いので少しでも快適に過ごしたいという気持があり

ネット上の口コミを調べてみた結果

エコノミーの評判のよいカタール航空を選びました。 

 

自分で航空券や宿を手配するかさんざん迷ったあげく

旅工房のツアーを申し込みました。

ツアーとはいっても、航空券とホテルのみのやつです。

 

カタール航空のシート・映画・機内食の評価は?

出発は夜の23時台の便でした。

20時には空港に着いたので先に両替を済ませます。

暇だからそれぞれの両替所を見てきましたが

みずほ銀行がわずかにレート良かったです。

とはいえ3万円のみ両替したのでそんな変わりません。

 

チェックインは2時間半前から並びました。

すでにだいぶ人が並んでいました。

カウンターにたどりつくまで50分ほどかかりました。

>>ここで一応確認

ドーハで乗り継ぎがあるけど荷物はそのままブリュッセルへ着きますか?

大丈夫ですよ、と説明してもらい安心です。

 

出国ゲートを抜けていよいよです。

急に心配になり出発前にイブを買いました。 

 

①座席の広さは日本人の平均的な体型なら問題なし

飛行機はエコノミーでも席は狭いとは感じませんでした。

日本人の平均的な男性くらいなら無理なく寛げると思います。

(欧米の大柄な人にはさすがに狭そうでしたが)

私は行きも帰りも通路側で

幸運にも隣の席は空いていたのでゆったり過ごせました。

 

※使い捨てみたいなスリッパ持ってくると飛行機は楽ですよ~ 

 

②長いフライトも映画を見ていればあっという間【日本語吹き替え有】

ここからドーハまで

テンション高まっているので目は冴えています。 

 

映画でも見ようかな。

映画は日本語吹替になっているものも結構な数ありました。

日本の映画自体は多くはないです。

私が見たのは

オーシャンズ8』

『モンスターホテル3』

『モンスターホテル2』

アニメは気軽に見れて疲れないから良いです…。

 

カタール航空機内食は評判通りおいしい

機内食は少し写真撮ってきました。

メニューは日本⇔ドーハのは日本語表記ありました。

f:id:mitsukaruko:20181120181709j:plain

f:id:mitsukaruko:20181120184934j:plain

f:id:mitsukaruko:20181120181633j:plain

 

f:id:mitsukaruko:20181120181602j:plain

 

基本ボリューミィ、そしておいしい。

こっそりキットカットゴディバのチョコがついているのも嬉しい。

 

夜中に気配を感じて起きると

お菓子(スナック、チョコ)や

明け方にホットパイみたいなのが配られました。

 

食べては寝ての繰り返し。 

ごくらくですね~

 

◆ドーハ・ハマド空港でのトランジットは超簡単!大丈夫!

約11時間のフライトを終え、ドーハへ無事に到着。

バキバキの身体を伸ばしつつ、人の流れについていきます。

すると

「Arrivals」と「Transfers」に別れるところがあります。

Transfers(乗り継ぎ)の方へ行きます。

 

保安所を抜け、案内板を確認します。

案内板はあちこちにあるのでエスカレーター降りてからでもOK。

そしてドーハから乗る飛行機の出発ゲートは

航空券にはまだ記載されていませんでした。

なので、ここでどこに行けば良いかを確認します。

ちゃんと英語表記あるので大丈夫です。

f:id:mitsukaruko:20181120170135j:plain

 

トランジットは3時間あったので余裕でした。

1時間くらいお店をふらふらして、1時間くらいベンチでぼーっとしてました。

空港には大きい黄色のくまさんがいると聞いたのですが

なんか違うやつを見つけました。

 

f:id:mitsukaruko:20181120170427j:plain

 

大きい。

君は何者なんだい。

ミッキーに似ているような気はするけれど。

行きのドーハではくまさんを見つけられなかったけれど

帰りに分かりました。

 

f:id:mitsukaruko:20181120171917j:plain

 

先ほどのミッキーに似ているのといい

ぐにゃっとしているのが人気なのだろうか。

 

時間になりブリュッセル行の搭乗口へ行くと

日本人1人もいない。

東洋人がそもそもいない。

 

あ、1人だけ発見して少しほっとします。

その人の後ろをそっとついていきます。

飛行機まではバスで移動しました。

バスに乗ると周りの身長の高さに

(いよいよだ~)という気分になりました。

 

ドーハ→ブリュッセルの飛行機はガラガラでした。

 

前の席に子供がいて、日本人が珍しいのか話しかけてきます。

子どもの話す英語も聞き取り切れず

適当に答えていたら飽きられました。ごめん。

 

空席も多く、席を移動して横になる人がちらほら。

私も眠気に誘われ、緊張感は消え爆睡していました。

 

ブリュッセル空港から市内へのアクセスは鉄道が安くて簡単!

長いフライトを終え、ブリュッセル空港着。

 

入国審査で少しドキドキしましたが
何も聞かれなかったです。
職員の人、隣の人とお喋りしていました。

ゆるいですね。

そして預けた荷物を回収。

空港からホテルに向かいます。

 

空港から市内までは鉄道で行きました。

空港の地下1階で切符を買い、地下2階にホームがあります。

2等席なら€8.80、1等席なら€10.70です。

旅行会社の送迎オプションだと5000円くらいします。

これはホテルが駅から遠い、深夜になり心配などの事情がなければ

乗り方も簡単なので自力で行くのをおすすめします。

 

※券売機の使い方はググれば分かります。 

 

 私は券売機は間違えたら嫌なので窓口へ行きました。

「ぶりゅっせるせんとらるすてーしょん」

で通じます。

1等席か2等席か聞かれるので好きなほうでどうぞ。

2等席でも広いので荷物も置けました。

中央駅までも20分くらいだったので、2等席で十分かな。

 

切符にバーコードがついているので

それは改札にかざすと通れます。

 

無事電車に乗れました。

次はホテルへ向かいます… 

 

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク (タビトモ)

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク (タビトモ)