みつかることになる

31歳で仕事辞めた話や、本の話など雑記ブログです

退職・転職 | | | 読書 | | | 旅行 | | | 趣味 | | | 料理 | | | ブログ運営

応募しておきながら冷静に考えたら面接辞退したい

◆「内定が出るまでの平均応募社数」を盾にする雑魚(私)

 

今は、自分の中で条件を設けて気になる企業を探しています。

 

しかし、退職を決めてからの数日は冷静ではなかったです。

退職しますって言った日に、自己分析もしないまま速攻で応募して落ちているし。

(しかも改めて応募書類見たら経歴の年数間違ってて矛盾しまくり…)

 

そして、1社落ちたことで急に先行きが不安になった私…

ひたすら転職ノウハウを検索していると

「平均応募社数が足りない説」

に行き当たりました。

弱っていたんです。

自分を肯定したかったんです。

 

「そうか、私1社しか応募してないもんね!」

 

今思えば本当愚かでした。

 

 

 

◆応募社数を増やすために応募をしてしまい後悔

f:id:mitsukaruko:20180815215958j:plain

情緒不安定期に突入していた私は、とにかく良いと思ったら応募しよう!と

正常な判断力に欠けたままその後2社応募をしてしまいます。

・A社は年齢制限を余裕で超えているけれど果敢に応募

→即お祈りメールをいただきました。

 

・B社は仕事内容がすてきで憧れで応募

→書類が通ってしまう(あ、嬉しいけどどうしよう…)

 

そう、B社に応募してから冷静に考えてみたんです。

本当にすてき!憧れ!だけで応募したんですが、場所が僻地なんです。

県外の全く馴染みのない土地で、だいぶ遠い。

一生私そこで暮らすの…?

しかも今以上に休み少ないんだよね…

すてきだけれど、今人生賭けてやりたいことではなかった…

 

このまま選考が進んでもきっと駄目だ。

面接を辞退しよう。

 

◆面接辞退のメールを送ったことで目が覚める

本当にB社には無駄な時間を取らせてしまい迷惑をかけてしまいました。

 

よく考えて面接辞退のメールを送信。

「一身上の都合」と言った方が良かったのかもしれませんが、

一応自分の考えの浅さが招いたことだと書いてお詫びをしました。

 

そうしたらB社からは定型文かとは思いますが、

「またご縁があると良いです、頑張ってください」

みたいな返信をいただきました。

 

申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら、

自分の事に必死になりすぎていたことを反省しました。

 

面接の練習になる、企業を知る意味でも応募して良い、

って書いてあるサイトもありましたが

 

自分が本当に働いていく覚悟のあるかどうかは大事。

私は今後練習で受けるっていうのはしないと思います。

 

 

◆学生時代の就活を思い出そう!今より大変だったあの頃…

冷静に考えれば、すぐに転職先を決めることが目的ではありません

一応今まで貯金もしてきたのでしばらくは暮らしていけます。

 

私の就活はリーマンショック後の最悪のタイミングでした。

景気が悪くて、あと1年早く生まれていれば良かったと嘆きながらも、

自分の将来のために何回落ちても次を探していました。

 

あの頃のメンタルを取り戻そう。

 

メンタルと言えば、

先日メンタリストDaiGoのニコニコチャンネルに入会しました。

コスパ良くて 面白いのでおすすめします。

 

 

【with】心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス
メンタリストDaiGo監修。運命よりも確実な出会いを!