みつかることになる

31歳で仕事辞めた話や、本の話など雑記ブログです

退職・転職 | | | 読書 | | | 旅行 | | | 趣味 | | | 料理 | | | ブログ運営

お土産キーホルダーが重すぎて捨てられない

お土産キーホルダーの罪深さについて。



引越をするときに荷物を整理する度に思う。
お土産で貰ったキーホルダーの捨てにくさは
なかなかのものである。


私は未だに小学生の時に貰ったものを持っている。
かれこれ20年前になるが、
私が子供の頃はお土産の定番はキーホルダーだった。


多分学校にお菓子を持ってくるのは禁止だったし
ランドセルや筆入れにかわいいキーホルダーを
じゃらじゃらとつけるのがステータスだった。


だからあの頃ちょっとした連休がある度に
キーホルダーは1つずつ増えていった。

そんなわけで小学校ではたくさんのキーホルダー
(中学校ではストラップ)を貰うことになった。


これを未だに捨てられずにいる。


これは金属だから燃やせないゴミに出さなきゃいけないから
ついタイミングを逃すというだけでなく、


誰かの思い出がそこにまだ、宿っている気がしてしまう。
このキーホルダーは幼い彼女たちの家族との
思い出の具現化されたものなのだとすると。

かなり重い。


もう出会うことのない過去の、子供時代の友人をふとした瞬間に思い出させる。
そして年齢を重ねるごとに、家族旅行の思い出も重くなっていくことを感じずにはいられない。


まさに使わないけれど捨てにくい。
これまたお土産お菓子の空き缶の中に貯めている。
缶の中のキーホルダーを見るたびに
懐かしさと念のようなものを感じて
少し疲れる。


(同じように捨てにくいのは結婚式の席次表)

ーーーーー

さて、何故こんなことを書いているかというと
旅行に来ています。

観光客向けのいかにもなキーホルダーが
今も昔とそう変わらず売られているのを見て
なんとなく書いてみたくなりました。


スマホで更新中。
私PCでないと駄目なんだ。
短いですがこのへんで。